投げ銭の件

http://nais.to/~yto/clog/2005-08-12-3.html

手数料定額にするとクレジットカードでポイント買われた場合に赤字にな
るのでは?

えっと、ポイント購入時の手数料は俺は問題にしていないっす。そう誤解されても仕方ない文章でしたけど。まあポイント購入時の手数料は腹立たないなあと。しかし投げ銭時に手数料がかかるのはどうもイラッときます。ダブルスタンダードかなこれ(;´Д`)
んでポイント購入と投げ銭の違いについてぼんやり考えていて、気付いた。「善意とか賞賛とかに課金するはてな」とは別のシラケ要因に。つまりね、ポイント購入っていう「俺−はてな」って関係の中で手数料が発生するのは気にならないんですよ。でも投げ銭って「俺−記事書いた人」関係だよな。ここ、二人だけの世界であって欲しいんだよね(こういう事書くと俺から投げ銭もらった人が鳥肌立てるかも知れんが)。おじゃま虫的に急に第三者であるところのはてながしゃしゃり出て5%取っていくなよ、と。こっそり二人だけの秘め事でありたいのよ、投げ銭ってのは(俺から投げ銭もらった人が嘔吐している音が聞こえる)。そんな心理も働いて俺はシラケているんだなぁと理解したっす。

保守思想の本質

レジデント初期研修用資料の最新記事「変えないことが武器になる」が、思いっきり保守思想の核心を突いている。つまり「変革によるデメリットは確定的で、変革によるメリットは不確定である」って事だ。
http://medt00lz.s59.xrea.com/blog/archives/2005/08/post_278.html
この記事においてmedtoolz先生は医療現場とかロケット工学とかを引き合いに出していて、政治思想的な話題には一切言及していない。しかし多分medtoolz先生のバックボーンには保守思想(あるいはそれにかぶれた時期とか)があるんじゃないかなぁと想像したっす。とにかくこの記事はそのまま左翼・進歩主義者批判の記事として読めるので保守諸氏は絶対に一読しておくように。我らは「変わらない夢を見たがる者達」なり!